2008年05月28日

やはり、腰痛対策として気をつけなければいけないのは、重いものを持ち上げるときですが、特に良くないのはひざを伸ばした状態で腰だけで荷物を持ち上げることです。一度しゃがんで荷物を体に密着させるようにして持ち上げると腰の負担は半分になるとされています。


腰痛もひどいものになると、寝ていても痛いという大変つらい状態になります。正しい腰痛対策をして、腰痛で悩むことのないようにしたいものです。
腰痛には様々な原因があるので、腰痛対策をする際には何が原因で起きている腰痛かを知ることから始めましょう。自分で判断をするよりも医師の判断を仰ぐのが一番です。
腰痛には、急性のものと慢性腰痛、姿勢が悪いことから来る腰痛などがありますが、最近では精神的なストレスも腰痛の原因となることがわかっています。
腰痛の中でも、背骨が原因で起こる腰痛の場合は、脊柱、及び、それを支える筋肉の異常が原因と考えられています。
内臓疾患が原因で起こる腰痛の場合、痛みの箇所があまりはっきりしないことが多いようですが、ガンや子宮筋腫などの可能性もあるので症状が続くときには専門医で適切な診断治療を受けることが一番です。
女性の生理に伴う腰痛には様々な要因がからんでいますが、特に原因が子宮にある場合、早めに治療をしないと不妊症になってしまうおそれもありますので、1つでも症状があったらきちんとケアをすることが大切です。
腰痛対策としては、まず座るときの姿勢に気をつけます。あまり柔らかいソファーのようなイスは、腰が沈みこんで負担がかかるので避けるようにしましょう。
そして、寝ている時の姿勢も腰痛対策としてははずせません。基本的にはリラックスできる姿勢で良いのですが、腰に負担がかかるのでうつ伏せで寝ることだけは避けてください。
やはり、腰を悪くするのが一番多い瞬間は重いものを持ち上げるときです。必ず一度しゃがんで荷物を持ち、脚の力で立ち上がるようにします。荷物は体に密着させて運びましょう。

時々背筋を思い切り伸ばしてあげることも腰痛対策として取り入れたい習慣ですね。ストレッチは全身の血行を促進しますが、ポイントは無理をせずに気持ちがいい状態で行なうことです。
心因性のストレスが原因の腰痛の場合、ヨガや腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょう?自律神経の乱れを改善し、腹腔内圧を高めるので背骨とともに体を支える力になります。


【 腰痛克服バイブル 】300人以上の腰痛の悩みを解消!
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。