2008年06月04日

ぎっくり腰対策としては、荷物を持ち上げるときの姿勢に気をつけます。必ずしゃがんで荷物を持ち上げるようにしましょう。重いと思った荷物が予想外に軽かった時もぎっくり腰になることがあるので、重さを確認してから持ち上げるようにします。


腰痛で悩んでいる人って多いですね。現代の生活はどうしても腰に負担がかかることが多いですが、普段の腰痛対策で早めに対処をしておくようにしましょう。
腰痛の対策をするにも、原因が何かを知らなくてはいけません。腰痛の原因は、生活習慣や生別 、年齢職業などが複雑に関係していますが、自己判断をせずに医師に判断をしてもらうのがお勧めです。
腰痛の原因としては、内臓に疾患がある場合や、精神的なストレスが原因もこともありますが、やはり一番多いのは腰を支える骨筋肉の故障でしょう。
腰痛の中でも、脊椎分離症と呼ばれるものは、長時間同じ姿勢で立っていると痛みがますもので、特に若い世代の激しいスポーツをする人や、運動好きの子供に多く見られます。
胃・十二指腸潰瘍、腎結石、子宮筋腫そして癌の骨転移やストレスなどが原因で腰痛が起こることもありますが、内蔵が原因の腰痛で一番多いのは腎臓の機能低下によるものです。
女性の腰痛には生理・妊娠・出産・閉経などに伴う、ホルモンの作用も大きく関係しています。特に女性の場合、男性に比べて精神的に不安定になりやすく、それが原因で腰痛になることも見逃せません。
人間が同じ姿勢を保つ筋肉は30分しか持ちません。パソコンを使う仕事などで、ずっとイスに座っていると神経が麻痺して崩れた姿勢でも気が付きにくくなりますが、徐々に体を痛めているのです。
そして腰痛対策としては1日の内の3分の1を占める寝ている時間を考えないわけにはいきません。寝るときの姿勢は横向きでやや前かがみになるのが一般的には良いと言われています。
腰痛といえばぎっくり腰ですが、荷物を持ち上げる時に脚を伸ばしたままで腰を曲げて持ち上げるのは危険です。必ず一度しゃがんで荷物を体に密着させるように持ち、脚の力で立ち上がるようにします。

ストレッチを腰痛対策としてもぜひ取り入れてください。仕事の合間にゆっくり背筋を伸ばしてあげるだけでも血行が促進されますし、市販されているストレッチ器具を使ってみるのもよいでしょう。
過剰なストレスがたまると、腰痛やシビレといった症状で体に出ることもあります。ストレスは潜在意識によるものも多いので、普段から適度な運動をしたり、好きな趣味を持ったりすることなどを心がけてください。


【 腰痛克服バイブル 】300人以上の腰痛の悩みを解消!
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。