2008年06月05日

やはり、腰痛対策として気をつけなければいけないのは、重いものを持ち上げるときですが、特に良くないのはひざを伸ばした状態で腰だけで荷物を持ち上げることです。一度しゃがんで荷物を体に密着させるようにして持ち上げると腰の負担は半分になるとされています。


日ごろの腰痛対策、意識していますか?現代の生活は腰にとても負担がかかるようになっています。早めの腰痛対策でつらい腰痛で悩まないようにしましょう。
腰痛には様々な原因があるので、腰痛対策をする際には何が原因で起きている腰痛かを知ることから始めましょう。自分で判断をするよりも医師の判断を仰ぐのが一番です。
繰り返す腰痛は原因を元から断たなければ改善は望めません。「背骨に原因がある腰痛」と「内臓疾患から来る腰痛」、そして「ストレスが原因の腰痛」のどれかを見極めましょう。
若いころに激しいスポーツをした人に多い腰痛は、脊椎分離症と呼ばれ、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが増します。
内臓の病気が原因で腰痛が起きるケースで、良く聞くのは腎臓の機能低下です。これは、腎臓と腰からつながる神経が同じルートを共有しているために勘違いする関連痛です。
女性の生理に伴う腰痛には様々な要因がからんでいますが、特に原因が子宮にある場合、早めに治療をしないと不妊症になってしまうおそれもありますので、1つでも症状があったらきちんとケアをすることが大切です。
人間が同じ姿勢を保つ筋肉というのは、30分しか持たないそうです。それ以上になると、体を痛めてしまいます。長い時間イスに座っての仕事も最初は姿勢を正していても、徐々に腰が曲がったり頭が前に倒れて腰に負担がかかったりするようになります。
そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。
さらに、腰痛対策として忘れてはならないのが、重いものを持つときの持ち上げ方です。腰を曲げて持ち上げるのではなく、必ずしゃがんで持ち上げるものを身体から離れない状態で、脚で持ち上げるようにします。

腰痛対策として、ストレッチは大切な習慣です。ただし、ひねるストレッチは急激にやるとかえって体を痛めることがあるので、ゆっくり行なうことが基本です。腹式呼吸を行なうのも有効ですね。
過剰なストレスがたまると、腰痛やシビレといった症状で体に出ることもあります。ストレスは潜在意識によるものも多いので、普段から適度な運動をしたり、好きな趣味を持ったりすることなどを心がけてください。


【 腰痛克服バイブル 】300人以上の腰痛の悩みを解消!
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。