2008年06月11日

そして腰痛対策で大切なのは、寝るときの姿勢です。仰向けで寝るときにはひざの下に枕やクッションを入れて寝ると腰への負担が少なくなります。


腰痛ってつらいものです。腰痛対策をして毎日快適に過ごしたいものですが、そもそも腰痛の対策はどのようにすればよいのでしょう?
腰痛には様々な原因があるので、腰痛対策をする際には何が原因で起きている腰痛かを知ることから始めましょう。自分で判断をするよりも医師の判断を仰ぐのが一番です。
腰痛の原因としては、内臓に疾患がある場合や、精神的なストレスが原因もこともありますが、やはり一番多いのは腰を支える骨筋肉の故障でしょう。
若いころに激しいスポーツをした人に多い腰痛は、脊椎分離症と呼ばれ、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが増します。
胃・十二指腸潰瘍、腎結石、子宮筋腫そして癌の骨転移やストレスなどが原因で腰痛が起こることもありますが、内蔵が原因の腰痛で一番多いのは腎臓の機能低下によるものです。
また、腰痛は姿勢も大きな原因になるのですが、レントゲンなどの画像診断で異常が見つからない慢性腰痛は、姿勢不良と、それに伴う筋や関節の機能不全が原因である場合が多いのです。
腰痛対策としては、まず座るときの姿勢に気をつけます。あまり柔らかいソファーのようなイスは、腰が沈みこんで負担がかかるので避けるようにしましょう。
それから、寝るときの姿勢もチェックが必要です。あなたはうつ伏せで寝ていたり、柔らかいベッドを使ったりしていませんか?どちらも背骨が反り過ぎるので、腰に大変負担をかけてしまいます。
さらに、腰痛対策として忘れてはならないのが、重いものを持つときの持ち上げ方です。腰を曲げて持ち上げるのではなく、必ずしゃがんで持ち上げるものを身体から離れない状態で、脚で持ち上げるようにします。

腰痛対策として、ストレッチは大切な習慣です。ただし、ひねるストレッチは急激にやるとかえって体を痛めることがあるので、ゆっくり行なうことが基本です。腹式呼吸を行なうのも有効ですね。
心因性のストレスが原因の腰痛の場合、ヨガや腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょう?自律神経の乱れを改善し、腹腔内圧を高めるので背骨とともに体を支える力になります。


【 腰痛克服バイブル 】300人以上の腰痛の悩みを解消!
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。