2008年06月30日

腰痛対策は、その原因によって方法も変わります。自分の腰痛は何が原因になっているのか?を知ることは有効な腰痛対策をする上でとても大切ですので、一度医師に見てもらうのが良いでしょう。

腰痛もひどいものになると、寝ていても痛いという大変つらい状態になります。正しい腰痛対策をして、腰痛で悩むことのないようにしたいものです。
腰痛対策は、その原因によって方法も変わります。自分の腰痛は何が原因になっているのか?を知ることは有効な腰痛対策をする上でとても大切ですので、一度医師に見てもらうのが良いでしょう。
腰痛の原因のうち、背骨や筋に原因があるものは、運動に伴って起こるものが多く、内臓疾患が原因の場合も、急性の激しい痛みがある場合があります。
老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。
内臓疾患が原因で起こる腰痛の場合、痛みの箇所があまりはっきりしないことが多いようですが、ガンや子宮筋腫などの可能性もあるので症状が続くときには専門医で適切な診断治療を受けることが一番です。
特に女性は男性に比べると精神的に不安定になりやすいため、それが腰痛の原因になる場合もあります。生理や妊娠、出産、閉経などによりホルモンバランスが崩れることも大きく関係しているのです。
パソコンを操作する姿勢は、とても腰に負担がかかります。長い時間になるとどんな人でも姿勢が崩れてくるので、30分に1度は立ち上がって腰を動かす運動を心がけましょう。
そして腰痛対策としては1日の内の3分の1を占める寝ている時間を考えないわけにはいきません。寝るときの姿勢は横向きでやや前かがみになるのが一般的には良いと言われています。
やはり、腰を悪くするのが一番多い瞬間は重いものを持ち上げるときです。必ず一度しゃがんで荷物を持ち、脚の力で立ち上がるようにします。荷物は体に密着させて運びましょう。

ストレッチは腰痛対策としても有効ですが、その効果を高めるには「気持ちの良い範囲でゆっくりと伸ばす」ことです。勢いをつけたり、誰かに押してもらってのストレッチはかえって腰を痛めたりすることもありますから注意が必要ですね。
ストレスが原因の腰痛対策として、腹式呼吸が有効と言われます。腹筋の強化ができるだけでなく、自律神経が調整される効果も見込めます。


【 腰痛克服バイブル 】300人以上の腰痛の悩みを解消!


[PR]
大きくなったら二度と戻ることがない豊胸バストアップ法
ネイルチャンピオンが作ったネイル検定対策DVD
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。