2008年07月01日

腰痛で悩んでいるのに、検査をしても原因が分からないという場合には、ストレスが原因になっているかもしれません。自律神経が乱れることから慢性的な腰痛になるとも言われていますから、症状がひどいときはカウンセリングを受けることも考えましょう。

腰痛、いやなものです。腰痛がひどくなると、毎朝起き上がることもつらくなります。早めに正しい腰痛対策をして、腰痛で悩まないようにしたいものです。
腰痛の対策をするにも、原因が何かを知らなくてはいけません。腰痛の原因は、生活習慣や生別 、年齢職業などが複雑に関係していますが、自己判断をせずに医師に判断をしてもらうのがお勧めです。
腰痛の原因のうち、背骨や筋に原因があるものは、運動に伴って起こるものが多く、内臓疾患が原因の場合も、急性の激しい痛みがある場合があります。
老化現象として起こる腰痛は、脊椎の軟骨が擦り減ったり硬くなったりすることにより、関節同士がうまくかみ合わなくなると痛み発生します。特に朝起きたときや疲労してくると痛みが増します。
腎臓と腰は神経が同じルートを通っているため、腎臓の機能低下が原因の痛みを腰痛と勘違いしてしまうこともあります。内臓の疾患が原因の腰痛では比較的多いケースです。
特に女性で気をつけていただきたいのは、最近生理に変化があったり、家系で婦人科の病気になったりした人がいる場合には、背骨以外の原因で腰痛になっていることもあります。
長い時間イスに座りっぱなしも腰痛対策としてはよくありません。20〜30分に一度は立ち上がって、腰を動かす運動をするようにしてください。
腰痛対策として考えると、うつぶせの姿勢で寝ることもよくありません。寝るときはリラックスできる姿勢が基本ですが、うつぶせのままでは腰に負担がかかり過ぎてしまいます。
腰痛対策で忘れてはいけないのが、重い物の持ち上げ方です。一番腰に悪いのは、脚を伸ばしたままで腰だけで持ち上げることです。かならずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。

ストレッチを腰痛対策としてもぜひ取り入れてください。仕事の合間にゆっくり背筋を伸ばしてあげるだけでも血行が促進されますし、市販されているストレッチ器具を使ってみるのもよいでしょう。
心因性のストレスが原因の腰痛の場合、ヨガや腹式呼吸を取り入れてみてはいかがでしょう?自律神経の乱れを改善し、腹腔内圧を高めるので背骨とともに体を支える力になります。


【 腰痛克服バイブル 】300人以上の腰痛の悩みを解消!


[PR]
アトピー地獄からの脱出!アトピーを根本から克服するための成功ノウハウ
不妊治療ブログ〜不妊を解消して絶対に妊娠したい!
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。