2008年07月03日

ストレッチをしてあげると、体の血行が促進されるので腰痛対策としても有効です。背筋のストレッチは、脊椎の周りの圧迫をなくし関節の痛みを緩和します。

腰痛、いやなものです。腰痛がひどくなると、毎朝起き上がることもつらくなります。早めに正しい腰痛対策をして、腰痛で悩まないようにしたいものです。
ひと口に腰痛といっても様々な原因があります。原因によって腰痛の対策も変わりますので、自己判断をせずに医師の判断をあおぐようにするのが一番です。
繰り返す腰痛は原因を元から断たなければ改善は望めません。「背骨に原因がある腰痛」と「内臓疾患から来る腰痛」、そして「ストレスが原因の腰痛」のどれかを見極めましょう。
背骨に原因がある腰痛の中でも、中年以上に起こりやすいのは変形性脊椎症といって、脊椎の軟骨がすりへったり硬くなったりすると関節同士がうまく合わなくなって痛みを生じます。
胃・十二指腸潰瘍、腎結石、子宮筋腫そして癌の骨転移やストレスなどが原因で腰痛が起こることもありますが、内蔵が原因の腰痛で一番多いのは腎臓の機能低下によるものです。
女性の場合、生理から来る腰痛もありますが、下腹部の不快感や下腹部痛が治療を必要とするほど強い場合、月経困難症と呼ばれます。思春期の少女に多く見られ、加齢とともに症状が改善されます。
腰痛対策として、気をつけなければならないことの一つにイスの座り方があります。特にパソコンを操作する姿勢は頭が前に出て腰に負担をかけるので、30分に一度は休憩を入れてストレッチなどをするようにしてください。
それから腰痛対策としては、寝るときの寝具にも気を使いましょう。やわらかいベッドや高すぎる枕は、腰が沈むので不自然に背骨が曲がってしまいます。適度な硬さのある敷布団を選んでください。
やはり、腰を悪くするのが一番多い瞬間は重いものを持ち上げるときです。必ず一度しゃがんで荷物を持ち、脚の力で立ち上がるようにします。荷物は体に密着させて運びましょう。

腰痛対策として、ストレッチは大切な習慣です。ただし、ひねるストレッチは急激にやるとかえって体を痛めることがあるので、ゆっくり行なうことが基本です。腹式呼吸を行なうのも有効ですね。
ストレスが原因の腰痛は、自律神経の乱れにより、交感神経と副交感神経のバランスがくずれることから起こります。日ごろの生活習慣を見直したり、運動をこころがけ、あまり症状がひどい場合にはカウンセリングを受けたりすることも検討してみましょう。



腰痛克服バイブル〜腰痛の解消法。腰痛治療口コミ


[PR]
医師が教える科学的英語勉強法講義
英語が90日間でペラペラに!【カリスマ英語速習法】
不妊治療ブログ〜不妊を解消して絶対に妊娠したい!
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。