2008年07月05日

ストレッチを腰痛対策としてもぜひ取り入れてください。仕事の合間にゆっくり背筋を伸ばしてあげるだけでも血行が促進されますし、市販されているストレッチ器具を使ってみるのもよいでしょう。

腰痛もひどいものになると、寝ていても痛いという大変つらい状態になります。正しい腰痛対策をして、腰痛で悩むことのないようにしたいものです。
腰痛には様々な原因があるので、腰痛対策をする際には何が原因で起きている腰痛かを知ることから始めましょう。自分で判断をするよりも医師の判断を仰ぐのが一番です。
腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。
若いころに激しいスポーツをした人に多い腰痛は、脊椎分離症と呼ばれ、長時間同じ姿勢で立っていると負担が集中して痛みが増します。
内科的な疾患がある場合の腰痛は、腰のくびれより上と骨盤に痛みが出ることが多いのですが、原因としては腎臓、膀胱などの泌尿器系と精巣、卵巣、子宮などの生殖器系に分けられます。
特に女性の腰痛の場合、背骨が原因でないことも多いので、家系で婦人科の病気になったことがある人がいたり、最近生理に変化があったりした等の場合は気をつけてください。
特に腰痛に何が悪いかと言ったら、長時間座ってパソコンを操作しているのはかなり腰に負担がかかります。腰が曲がったり、目を画面に近づけるようにしていると頭が前に出るのでバランスが悪くなったり、腰に負担をかけてしまうのです。
それから腰痛対策としては、寝るときの寝具にも気を使いましょう。やわらかいベッドや高すぎる枕は、腰が沈むので不自然に背骨が曲がってしまいます。適度な硬さのある敷布団を選んでください。
ぎっくり腰対策としては、荷物を持ち上げるときの姿勢に気をつけます。必ずしゃがんで荷物を持ち上げるようにしましょう。重いと思った荷物が予想外に軽かった時もぎっくり腰になることがあるので、重さを確認してから持ち上げるようにします。

ストレッチをする時には、呼吸にも気を配りましょう。体を前に倒す時は息を吐く、逆に後ろに反るときは吸うのが基本です。腰痛対策としてストレッチは非常に有効ですから、ぜひ日ごろの習慣にしてください。
過剰なストレスがたまると、腰痛やシビレといった症状で体に出ることもあります。ストレスは潜在意識によるものも多いので、普段から適度な運動をしたり、好きな趣味を持ったりすることなどを心がけてください。


腰痛克服バイブル〜腰痛の解消法。腰痛治療口コミ

[PR]
医師が教える科学的英語勉強法講義
英語が90日間でペラペラに!【カリスマ英語速習法】
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。