2008年07月06日

腰痛対策で忘れてはいけないのが、重い物の持ち上げ方です。一番腰に悪いのは、脚を伸ばしたままで腰だけで持ち上げることです。かならずしゃがんで体全体で持ち上げるようにしましょう。

腰痛、いやなものです。腰痛がひどくなると、毎朝起き上がることもつらくなります。早めに正しい腰痛対策をして、腰痛で悩まないようにしたいものです。
腰痛の対策をする前に、まずは腰痛の原因を知ることが大切です。腰痛には姿勢の悪さ、激しい運動や労働、老化、内臓の病気、精神的ストレス、事故など様々な原因があります。
腰痛の原因というと、最近では精神的なストレスも原因になるということがわかっています。もちろん、一般的な原因としては背骨にある場合が多く、内臓に異常がある場合もあります。
じん帯や腰周辺の筋肉、椎間板の小さな損傷が原因で起こるのがぎっくり腰ですが、ほかにも強度の骨粗しょう症や骨腫瘍などの病気からヘルニアを起こすこともあります。
腎臓と腰は神経が同じルートを通っているため、腎臓の機能低下が原因の痛みを腰痛と勘違いしてしまうこともあります。内臓の疾患が原因の腰痛では比較的多いケースです。
思春期の女性に多く見られる症状で月経困難症というのがあります。生理の際に、腰痛・下腹部の不快感・下腹部痛が治療を必要なほど強い症状ですが、通常は加齢と共に症状は改善されていきます。
長い時間イスに座りっぱなしも腰痛対策としてはよくありません。20〜30分に一度は立ち上がって、腰を動かす運動をするようにしてください。
そして、寝ている時の姿勢も腰痛対策としてははずせません。基本的にはリラックスできる姿勢で良いのですが、腰に負担がかかるのでうつ伏せで寝ることだけは避けてください。
さらに腰痛対策として必ず気をつけていただきたいのは、重いものを持ち上げる時です。中腰で持ち上げたりすることのないように、必ずしゃがんで荷物を持って、脚の力で立ち上がるようにしましょう。

ストレッチを腰痛対策としてもぜひ取り入れてください。仕事の合間にゆっくり背筋を伸ばしてあげるだけでも血行が促進されますし、市販されているストレッチ器具を使ってみるのもよいでしょう。
過剰なストレスがたまると、腰痛やシビレといった症状で体に出ることもあります。ストレスは潜在意識によるものも多いので、普段から適度な運動をしたり、好きな趣味を持ったりすることなどを心がけてください。


腰痛克服バイブル〜腰痛の解消法。腰痛治療口コミ

[PR]
記憶術の最高峰「宮口式記憶術」
ジニアスeye川村博士の視力回復法〜14日間視力回復プログラム
医師が教える科学的英語勉強法講義
posted by 腰痛対策推進委員会 at 18:49| 腰痛対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。